お知らせ

目連尊者の回向

目連尊者の回向(もくれんそんじゃのえこう)

 目連尊者は、お釈迦さまの十大弟子の一人。 神通第一といわれる超能カの持ち主てす。

 目連尊者は、今は亡きお母さんにどうしても会いたくて、持ち前の超能カでお母さんが いまどこにいるのか探してみました。すると、 お母さんの青提女(しょうだいにょ)は、生きていたときの欲張 りの罪で、あろうことか餓鬼の世界で苦しんでいました。

 首は糸のように細く、お腹は風船のように大きく膨らんでいます。空腹をいやそうにも、食べ物がのどを通りません。

「お母さんがかわいそう・・・・・・」

 目連尊者は、超能カを使って食べ物をお母さんのもとへ送ります。お母さんは、今も変わらず欲張りて、食べ物を両手でかくし、独り占めして食べようとしました。

 すると、食べ物は手の中で次々に熱い炎となり、お母さんは苦しみます。

  目連尊者は、あわてて水をかけましたが、こんどはその水がまた炎となってお母さんを襲います。

 目連尊者は、助けようとすればするほどかえって苦しめてしまう自分が悲しくてなりません。どうすればよいのか教えてもらうために、お釈迦さまのもとをたずねました。するとお釈迦さまは、

 「もうすぐ七月十五日、雨期の修行が終わります。そのときに、修行を終えた修行者たちにたくさんの食べ物をお供養し、じぶんが積んだ善い行いの功徳をお母さんに届けるのです」

 目連尊者は、お釈迦さまの教えにすなおにしたがい、亡きお母さんを餓鬼界の苦しみから救ったのでした。この後、目連尊者はお題目の回向によって、お母さんを六道輪廻の苦からも救ったのです。